「弁護士ボット」が16万人の駐車違反切符を無効に

罰金約4億円を節約することに成功

f:id:IPQuest:20160703163207p:plain

ロボットが人間の仕事を乗っ取る不安が増えてきて、ついに弁護士でさえロボットの席の端にいるようなことが起こるかもしれない。

ガーディアンによると、19歳のスタンフォード大学の学生であるジョシュア・ブラウダーが、驚くべきことにコーディングを独学で学び、彼によれば「世界初の弁護士ロボット」を作成することに成功した。

過去21か月以上にわたって、人口知能(AI)の弁護士ロボットがロンドンとニューヨークの16万の駐車違反切符を無効にする手助けを成功してきたということだ。すばらしいことに、そのボットは全て無料でサービスを行ったという。

ブラウダーのDoNotPay(払わない)というチャットボットは25万の駐車違反切符に取り掛かり、AIの弁護士はそのうちの64%において勝利を収めた。このインパクトを定量化すると、チャットボットは、支払う必要のない罰金を約400万ドル(約4億円)節約したということになる。

「駐車違反切符を切られる人々は、社会において最も弱い人たちであると思う。」とベンチャー・ビートとのインタビューの中でブラウダーは語っている。

「この人たちは法律を破ろうとしているのではない。彼らは地元自治体の財源として利用されているだけだ。」

f:id:IPQuest:20160712094646j:plain

報道によると、ブラウダーは18歳にして30もの駐車違反切符(!?)を切られた後に、そのチャットボットを作ることをひらめいた。

最初にボットは訴えが可能であるか把握するために、クライアントにいくつか始めの質問をする。そして控訴のプロセスについて一部始終ユーザーにその流れを指導をする。加えてサービスは全て無料なので、ユーザーは高い弁護士費用を払う必要なしに法的な助けを得ることができる。

ロンドンとニューヨークでのチャットボットに加えて、ブラウダーは次にサービスをシアトルに拡大しようと計画している。そして彼のビジョンは駐車違反切符と戦う無料のサービスを提供することにとどまらず、バーチャルの弁護士能力をHIV診断、飛行機の遅れに対する補償が欲しい旅行者、そして難民収容所に申請する難民に関する法律上の権利の手助けなどに拡大する方針だ。

「非常に多くのサービスや情報がAIを使って自動化できて、ボットはそれを実行する完璧な方法なのでチャンスの宝庫だと感じている。」とブラウダーは言う。彼の言葉を借りると、現段階でAIが花やピザを注文する商取引のみに使用されているのは非常に残念だとのことで、上記のような展開もチャットボットの領域となるか。