先駆者Wechatに見る、botプラットフォームの未来

米国を中心にざわついているチャットボットだが、実はその市場を最初に創出したのは、MicrosoftでもFacebookでもない。

それでは誰なのかというと、それは中国の大手IT企業テンセントだ。彼らが開発した Wechatというアプリが最も進んだbotプラットフォームであろうというのが一般的な見解となっている。

f:id:eiji03aero:20161003123027p:plain

中国国内ではものすごい盛り上がりを見せ、近未来的な形を取っているというWechatだが、具体的にはどのようなサービスプラットフォームとなっているのか。

 

まずWechatの大きな特徴として、公式アカウントの存在がある。

日本のLineなどでもそういったアカウントは見かけるが、ここで違うのは、自然言語での対話を通していろいろな動作が行える、つまりチャットボットが公式アカウントの役割を担っているという点だ。

中国では、「Webサイトを作るくらいなら、チャットボットを作れ」と言われてしまうほど、その存在が便利で必要不可欠なものになっているということなのかもしれない。

 

その公式アカウントについてもう少し掘り下げてみると、2タイプに分けることができるらしい。

①販促や商品の広告宣伝など、Promotionの分野を担うもの

f:id:eiji03aero:20161003144018p:plain

②実際に消費者の求める行動を実行しサポートする、Serviceの分野を担うもの

f:id:eiji03aero:20161003144026p:plain

ユーザビリティにこだわった末のシンプルさ

自然言語で機械と対話できるというのがチャットボットのそもそもの特徴ではあるが、チャットボットが大きく発展しているWechatでは、その扱いやすさに非常に重きをおいている。

つまり、いくら対話ができるからといって、なんでもかんでも対話形式でやりとりができるのが最適解ではないということだ

その一例として、短いコマンドを動作のトリガーとしていること、が挙げられる。

例えば、Promotion向けのbotでは、

・"contact"→使用中のスマホに格納されているコンタクト情報を引き出し提示する

・"slide 42"→42番めのスライドを表示してくれる

などなど、コマンドに対応しているものも多い。

Botへの指示内容を、毎回すべてテキストで打つのは場合によっては面倒なものだ。

そこで使用頻度の高いものを扱いやすいコマンドとしてボットが受け取れるようにしてしまおうというのがこの仕様である。

一方、Service向けのbotでは、消費者が比較的細かい要望を持っていることが多いため、様々な情報を盛り込んだ一文を解析して意図を読み取ることができることがbotには求められているという。

これぞ人工知能?!Microsoft発チャットボット"Xiao ice"

それではいわゆる世間一般の人々が考えるような人工知能というものは存在するのか?

それに非常に近いと言えるものの1つが、Microsoft社が開発した"Xiao Ice"だろう。

f:id:eiji03aero:20161003154119p:plain

既に4,000万人が一度はこのボットと対話していて、その精度を裏付ける驚異的な事実として、25%ものユーザーが彼女に"I love you"と発言しているというものがある。

実際はインターネット上の膨大なデータから引用した文章を、ユーザーの発言に返すだけの存在であるにも関わらずである。

ただ業務をこなしてくれるボットだけではなく、こういったエンタメ要素のあるボットも間違いなく需要としてはあるだろう。 

まとめ

上記の通り、中国ではWechatが既にチャットボットのエコシステムを作り出すことにほぼ成功している。

非常に先進的な事例ではあるが、昨今の自然言語処理や機械学習の分野での発展を考えれば、この流れは止まらないだろう。

スマホ普及の歴史は我々に、加速度的に発展する未来を教えてくれる。

その中の1要素として、チャットボットが活躍している可能性は極めて高い。Wechatの教えてくれるchatbot至上の未来からはこれからも目が離せないだろう。

TIFFbot-あなたの映画探しをお助け!-

映画というものは星の数ほど存在する。そんな作品たちに対する人々の感性もまたしかりだ。

つまるところ、人々はよほどの映画好きでもない限り、その映画の海の中に眠る自分が本当に好きになるかもしれない作品を知らないまま毎日過ごしているのだ。

 

と、いつもながら、そんな状況をお助けするボットが存在する。その名も

"TIFFBOT"

だ。

TIFFBOT

f:id:eiji03aero:20160913215507p:plain

まず前提として、TIFF-Toronto International Film Festival-というものを皆さんはご存知だろうか?カナダの一都市であるトロントで毎年行われる映画作品の祭典で、Oscarなどと並んで映画好きの間では有名なものだ。

TIFFbotはその映画祭の間に利用者をお助けするもので、具体的には、その年の映画祭に出展されるものを中心にこちらの趣味嗜好を理解しつつおすすめしてくれる

もうウィキペディアでにらめっこして自分好みの映画を探す必要もない。なんとも便利な時代になったものだ。

開発したのは、カナダにあるTWG(https://twg.io/)というソフトウェア開発会社だ。

 

今回実際にこのボットを触ってみた。余談だが海外製のボットを触る度に思うのは、非常にシンプルな設計をされていることが多いことだ。イントロダクションは3行もかからない。すぐ本題にとりかかる。

話がそれてしまったが、このボットを使ってみたところ、"Toni Erdmann"という映画をおすすめされた。

f:id:IPQuest:20160921120617p:plain

キーコンセプトの画像とともに、簡単なあらすじと、ボット自身が、はしゃいだ子供のような論調でボットなりの見解を述べてくれる。

さらにそれだけでは終わらず、監督インタビューや、キャストについてなど詳しい情報についてもどうかと、ボタン機能で訪ねてくる。なんとも抜け目ない奴だ。

 

f:id:IPQuest:20160921120349p:plain

ちょっと時間が空いてしまってやることがない、映画でも見るかと思い立ったら、このTIFFbotのことを思い出してみてはいかがだろうか?

Facebook messengerでその名前を検索することだけが、あなたのお気に入りの映画への切符だ。

メッセージアプリで楽曲探しBot

ふとした瞬間、お店の中だったりにぎやかなクラブの中だったりで、「あ、この曲いいな。なんという名前の曲なんだろう?」と考えたことはないだろうか?

そういった状況の人々を助けるためのサービスはこれまでもあったかと思う。が、このブログの趣旨を考えれば言わずもがな、チャットボットでもそういった類のサービスが存在する。

今回はその中のいくつかの実例を紹介しよう。

ピーチ

f:id:eiji03aero:20160917115948p:plain

ピーチは動画共有サービス"Vine"の創業者である、Dom Hofmannが制作したネイティブメッセージアプリだ。このアプリ上での音楽検索機能のコンセプトは至ってシンプルで、「いいなとおもった楽曲をすぐに友人とシェアできる」だ。

実際の機能の使い方としては、"song"と発言すると、botが起動してスマホのマイクを通して音声データを取得、データベースから検索し、その結果を提示してくれるというもの。

さらにヒットした楽曲がsportifyかapple musicにあればそのリンクまで用意してくれるという優れものだ。

Boom bot

f:id:IPQuest:20160920162251p:plain

開発はReply.ai。検索した楽曲の歌詞やビデオの情報まで提供してくれる。

試しにYoutube上で流れていた音楽を録音すると、正確に認識することが確認できた。

f:id:IPQuest:20160921110521p:plain

AudioShot

f:id:IPQuest:20160921104516p:plain

こちらは2014年設立のAudioShotから提供されているメッセンジャーアプリ。

Wechat

f:id:eiji03aero:20160917123229p:plain

間違いなくチャットボットプラットフォーム市場を率いると噂される中国のWechatだが、実は2013年にはプラットフォームとして公開していたというから驚きだ。wechat officail accountが楽曲検索サービス機能を持っている。 

番外編

f:id:IPQuest:20160921110935p:plain

この領域では著名なサービスとしてShazamがあげられるだろう。これは録音不要、周囲で流れている音楽を自動で認識してくれるという優れものだ。MAUで1.2億人に達しており、既にIPO準備が囁かれているらしい。「Just Shazam it」という使い方をされるまでに成長している。 

ACRCloud 

ちなみに、基幹となる音声認識のシステムを構築し、クラウドサ―ビスとして展開する北京の"ACRCloud"についても言及しておきたい。様々な開発者が彼らのシステムを利用し、多岐に渡るメッセージアプリ上にてボットを開発しているため、ユーザーは楽曲検索サービスを気軽に利用することができる。

f:id:IPQuest:20160920161201p:plain

2015年2月に創立され、現在は本社を北京に構える。音楽コンテンツやTVプログラム、ドラマなどの音声認識クラウドサービスを主事業としている。

contact:contact@acrcloud.com

Facebook:https://www.facebook.com/ACRCloud

www.acrcloud.com

Siriを超える?「 Viv」

Siriを超えろ

Hey, Siri.

誰もが1度は使用したことがあるiPhoneの1機能。

人の声に正確に反応して、一瞬でユーザーの質問に答えることができるとても優秀な機能である。

f:id:wangtarutaru:20160905184504j:plain

 ところでSiriは、SRIインターナショナル(以後SRIと表記)という企業からスピンアウトしたベンチャー企業によって開発されている。

SRIとは、スタンフォード大学から地域の経済発展を支援する目的から設置された、非営利組織の研究機関である。

そんなSRIで働くWilliam Mark氏は、

 ”もしあなたが「定期預金から当座預金に100万円を振り込んで」とお願いしたら、Siriは「振り込み」についてサイト上で検索するだろう。これはSiriに対する批判ではなく、ただSiriは銀行の取引に関して無知なだけだ。”

と言っている。

Siriでは専門的な会話をすることができない。

すべてを少しずつ知っているもの(Siri)ではなく、1つをたくさん知っているものに注力するべきだと、SRIの方針は変化してきた。

例えば銀行の専門的な知識をつけたチャットボット「Kasisto」が作られたのもこのような背景があったのだ。以前弊社ブログで詳しく説明しているので、気になる方はチェックしてみてほしい。

blog.conciergeu.com

次世代音声認識AI「Viv」

Siriの生みの親である、Dag Kittlaus氏は最近、「Viv」という次世代音声認識AIのデモをニューヨークとウイーンで披露している。

2011年にSiriがこの世に現れてから3年後の2014年にDag氏は仲間3人を率いて「Viv」の作成に取り掛かった。

彼らはSiriでは不可能な、

・複雑な会話の理解

・ユーザーのために何かをする

以上の2つの機能を追加するために尽力していた。

2014年の時点で彼らは「Viv」がどのようなサービスになるか予想している。そのうちの一つの機能が、フライト予約を「Viv」のみを通じて行うことである。

2016年、ニューヨークとウイーンで行われたデモの様子はTechCrunchで紹介されているが、簡単に要約すると、「Viv」ができることをいくつか説明している。

techcrunch.com

例えば、

「友人に昨夜の飲み代20ドルを返してくれ」と語りかけ、「20ドル送る」をタップするとアプリが勝手に支払えるようになっている。

他にも、

「明後日の午後5時以降、〇〇駅の近くは20度よりも熱くなる?」と語りかければ、Siriのようにただ天気予報を表示するだけではなく、「いいえ、その日の5時以降は20度を超えることはありません」と返す。

このように複雑な会話にも対応しているのだ。

そしてウイーンでは下記の通りフライト予約のデモを披露している。

f:id:wangtarutaru:20160905200435p:plain

有言実行して見せたのだ。 Hey, Siriという人がいなくなるのもそう遠い未来ではないかもしれない。 

"BOND" ーそれはお金持ちへの第一歩ー

お金持ちになる条件

お金持ちになりたい!好きなものを好きなだけ買って、自由を満喫して、あわよくばモテモテになりたい!そんな欲望を抱く人は多いかと思う。しかし、そんな理想を達成しているのは、Warren BuffetやBill Gatesのようなほんの一握りの何かしらで成功した超お金持ち達だけだ。

 

(やっぱりお金持ちといえばこの人↓)

f:id:eiji03aero:20160822210547j:plain

では、そんな彼らと我々一般的な人々でいったいなにが違うのか?

Tom Corley ("Rich Habits: The Daily Success Habits of Wealthy Individuals"の著者)はこう語る。

「あなたが貧乏になるか金持ちになるかは、日々の習慣によって決まる。」

ここで言われる習慣を良いものにするため、そして世界中の裕福な者たちと同じ場所に立つためには2つの条件がある。それは、

・自分の夢から逆算して、短期目標を立てること

・優秀なメンターを見つけること

たったこれだけだ。

この考えに触れてから、Uday Akkaraju (Linkedin:https://www.linkedin.com/in/udayakkaraju)は2つめの条件を満たすため、つまり優秀なメンターを探すために動き出した。

 

 メンターはどうすればみつかる?

自分がリッチになるため、優秀で自分の夢について応援、協力してくれる優秀なメンターを探し始めた、Udayだったが、なかなかこれはという人には出会えなかった。そこで彼は考えた。

「メンターがそんなに重要だと言うなら、一体全体どうやって成功者たちは見つけてきたんだ?」

そしてこうも考えた。

「きっと優秀なメンターを見つけるということはとても難しいこと。しかし経済的不安を抱えている人たちはとてもたくさんいる。それならばチャットボットの形で誰でも利用できるメンターが今必要なのではないか?」

 

そして"BOND"開発着手へ

そこで開発されたのが"BOND”だ。BONDはあなたの経済活動のパターンを俯瞰的に理解し、なおかつそこからどうすればあなたの夢に近づくことができるかを、日常的な活動レベルで提案することによってあなたを助ける。

f:id:eiji03aero:20160822212324p:plain

このBONDの出現によってお金持ちになるための条件は変わった。それは、

・自分の夢から逆算して、短期目標を立てること

・BONDをメンターとして迎え入れること

「これこそが21世紀版金持ちへの切符だ」とUdayは語る。

 

 

 さあBONDと共に!

 

上記した新しい条件を少し詳しく見てみよう。

1 夢を見極め、短期長期目標を立てよ

ー"僕はずっと前から自分が将来金持ちになると確信していたよ。それを疑ったことはなかったんじゃないかな" by Warren Buffetー

この自分の夢をまず設定するという部分、ここが意外と一番重要だ。なぜなら、人々は長期的な目標より短期的な目標に重点を置きすぎてしまいがち、という研究結果が経済学者の方から発表されており、それを放っておくと結局グダグダといつまでも長期の目標が達成できないなんてことがままあるからだ。長期の目標(夢)を設定し、そこから具体的で現実的な短期目標に落とし込んでいく。この一見遠回りに見える方法こそが一番近道なのかもしれない。

では長期的な目標はまずどう決めればいいのか?方法はなんでもいいがここでは"Dream Setting"という手法を紹介してみたい。やり方はいたって簡単。紙にひたすら未来のなりたい自分の像をひたすら書きつらね、まとめる。ただそれだけだ。さぁ条件の1つ目はこれで整った。

 

2 さあBONDの出番だ

夢の部分が決まったら、もうあなたの脳みそはお休みしてしまってOKだ。なぜなら残りの難しい部分はすべてBONDがやってくれるからだ。彼にあなたの夢をまず伝える、するとあなたの具体的な行動(日々のちょっぴり無駄な買い物、車や不動産の売買、果ては投資活動まで)に関する提言を毎回さらりと涼しげな顔でやってのける。あなたは彼の助言に従うだけ。私情が挟まれない分、夢への最短ルートである可能性は十分にあるだろう。

f:id:eiji03aero:20160822213539p:plain

毎日たった5分のBONDとの対話が、あなたの人生を変えるかもしれない

「人々は機械、人工知能がいつの日か人々の仕事を奪うという。しかし、彼らがただ我々から生産の機会を奪うのではなく、逆に資産を増やす手助けをしてくれるのだとしたら、それは素晴らしいことだとはおもわないか?僕は待ちきれないよ。」Udayはそう語りつつ今日もBONDの開発を続けている。

 

 

製作者Uday Akkaraju氏へのアクセスは以下の通り。

・Linkedin: 

https://www.linkedin.com/in/udayakkaraju

・Twitter:

https://twitter.com/uday_akkaraju

 

労働環境を改善するチャットボット

情報革命と、顧客ニーズの膨張

90年代に始まったインターネットや、iphoneに端を発するスマホの普及によって、人類が生み出し、扱わなければならないデータの総量は加速度的に増え続けている。

そういった状況を受け、いくらかの企業はデータそのものの扱いとその対応にてんやわんやになっている。 

コールセンターなどはその最たる例の1つで、毎日押し寄せる問い合わせに対して、一つ一つ人が対応しているが、多量の簡単な案件であったり高度ゆえに対応に時間のかかるものなど、さばききることは至難の業であるという。さらに人手も圧倒的に不足している。

沖縄タイムス(2016/7/22)によると、県内のコールセンターの状況は、

・2015年度の離職率は約3割

・非正規社員の割合は93%

・人材の確保状況に関して、不足していると答えたのは34.3%

f:id:eiji03aero:20160822170903j:plain

つまり、慢性的な人不足でありながら、正規社員を増やして体制を整えるほどの財政的余裕はないのではないかと推測する。こんな状況もチャットボットなら改善へと導くことができる

助けて!チャットボット!

少し話がそれるが、昨今では人間の仕事が機械のすべて取って代わられる、などという話が巷を騒がせていることかと思う。しかしすぐにあれもこれも代替されるわけではない。

チャットボットは、そんな人にとって代わって仕事をすると言われている先端テクノロジーのアイディアの1つだが、いくら機械、深層学習を応用した未来サービスだからといって、いきなり明日から完全に人に取って代わることはできない。もっとも、業務を効率化して圧迫されている労働環境を改善することは現状のものでも十分可能なのではないかと推測する。

予測される導入の形としては以下だ。

・カスタマーサポート等問い合わせの内容について、過去の傾向から主な要素(よくある問い合わせの流れなど)を抽出する

・その要素から一元化されたシナリオを作成する

f:id:IPQuest:20160823135824p:plain

この形を作り、簡易な問い合わせを自動で返答する仕組みを作るだけでも、かなり現場の業務量は減るはずだ。そしてそこから生まれた余暇については2通りの使い道があるのではないかと思われる。1つは高度な問い合わせに対するより高品質な対応、もう1つは被雇用者自身の次代を見据えたスキルアップだ。

時代の変化のスピードに翻弄されないために

人類の進化のスピードは間違いなく速くなっている。昨日までできなかったことが明日突然できるようになる、そんな言い回しをしてしまっても過言ではないのではないかと思う。

上記のように、膨張する業務を効率的にさばく仕組みを導入することによって、雇用側も被雇用側も余暇が生まれる(はず)。その新たに得た時間を利用して新たなスキルを習得したり組織の体制を考えなおしたりすることが、この動乱の時代を生き抜くために必要なことではないだろうか?

政治参加もお助け!未来の大統領とチャットできる?!

今年はアメリカにとっては大きな変化の年になるのかもしれない。そう、大統領選挙だ。ニュース番組などでもよく騒がれていることかと思う。かくいう日本でも7月は参議院選挙、都知事選挙となかなかの選挙ブームだ。一体どれほどのお金がばらまかれているのか・・・ 

f:id:eiji03aero:20160811143832p:plain

チャットボットが政治参加を助ける?

さて、昨今ではインターネットとSNSの普及によって情報があふれかえっていることもあり、一体どの候補者を自分が本当に応援したいのか、なかなか決めあぐねている有権者の方が多いかと思う。そこで、そんな状況を打破してくれるかもしれない画期的なチャットボットを、Andy Angelos(SocialKaty創業者)は開発した。これは今年のアメリカでの大統領選挙に向けて作られたものだ。

彼の経歴を前もって少し説明しておくと、2010年にKaty Lynchと共にSocial Katyというインターネットマーケティング業の企業を立ち上げ、同社は2014年にexitしている。さらにその前に彼はSocial Dev Campという、町の技術家コミュニティ支援を行う企業も立ち上げている。 

f:id:eiji03aero:20160811114220p:plain

本題の方に話をもどすと、彼の開発した"Future States"というチャットボットは、なかなか政治に関する自分の立場を決められないユーザーに対して、極力客観的な情報をとどげ、政治参加を助けるボットだ。

では、具体的にこのボットはどうワークするのか?

ひとまずここにデモ動画がある。

youtu.be

動画だけではわかりにくいかもしれないが、このチャットボットには2つのパートがある。

1. 簡単な調査パート

まず全ての新規ユーザーは最初に簡単な質問やアンケートを受けることになる。しかしそれは初回のみで、次回以降は2つ目のパートから入れる。その質問の内容は例えば、

「マリファナ(大麻)の合法化に賛同しますか」

「刑務所の囚人たちを減らそうとした場合、あなたならどう実行しますか?」

などだ。

こういった質問集は、実際に候補者たちが、インタビューや討論会、スピーチやSNS上で発言したものをデータベース化したものを基に作られており、その候補者の実際の人柄や公約への本気度に迫ることができるものになっている。

ちなみにこのチャットボットで最も大切なことは、有権者がより客観的で候補者の本当の考え方に近い情報を得られることだ。というのも、新聞やテレビニュースなどのメディアを通すと、どうしてもその情報を切り貼りするときに個人の主観が入ってしまうものだ。しかしこのアイディアであれば、その問題を解決することができる、なぜなら有権者たちが取り入れる情報は候補者たちの言葉そのものだからだ。

2. ユーザーによる質疑応答パート

こちらのパートがこのチャットボットのメイン機能となる。質問パートを終えた有権者たちは自由に候補者たちに質問することができ、その質問に対する答えがデータベースにあれば、それをボットが自動で返答するという仕組みだ。

さらに、他のチャットボットの例にもれず、このボットも自分で学習する機能を備えている。例えば、同じ質問を受けていったTrumpボットがその質疑に関する動画などを見つけ、有権者に届けるようになるといった具合だ。

政治家の人々とはなかなかコミュニケ―ションをとってその本当の人柄を知るということは通常はできないだろう。しかしこのチャットボットのアイディアであれば、仮想の人格と対話をすることにはなるものの、よりその人に近い距離でコミュニケーションをとっているかのような体験を得つつ、自分のなかでの政治に対する考え方を養ったり、直近の選挙についての材料を得たりすることができる。

もう数年もしたら、一人ひとりの候補者がそれぞれチャットボットを持っている、なんて時代がくるんじゃなかろうか。

マック赤坂ボット

f:id:IPQuest:20160812180716p:plain

ちなみに手前勝手な話で恐縮だが、この試みは弊社でもマック赤坂ボットで既に実行している。

この「チャットボットx選挙活動」のアイディアがどんなものか想像がつかない、だがしかし気になる!という方はぜひ遊んでみてはいかがだろうか?

 

マック赤坂ボットFacebookページ:

https://www.facebook.com/macakasakabot/